「池田修三展 〜センチメンタル・メルヘンの世界〜」

平成27年11月15日(日)〜12月23日(水・祝)
休館日12/7(月)・12/14(月)・12/21(月)
観覧料一般830円(730円)高校・大学生420円(370円)
中学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金です。
[ロンド]1982年
[花のプロフィール]1990年

木版画家・池田修三(1922年〜2004年)は、秋田県象潟町(現・にかほ市象潟町)に生まれました。美術教師を経て、1955年に画家近藤良悦に認められ上京、木版画に専念します。
1960年代に入るとモノクロ版画から多色刷りに移行し、子ども達の情緒溢れる姿を制作しました。1990年代からは故郷、象潟の風景を中心に、酒田でも馴染み深い鳥海山、山居倉庫などの風景を木版画に留めます。
 池田修三の手掛ける子ども達は、どこかセンチメンタルで懐かしく、単に可愛さだけではない要素があります。静かに私たちに寄り添い、ちょっぴり切なく語りかけてくるかのような子ども達の姿は、今なお象潟の人々に愛され続け、各家庭のお祝い事には氏の木版画を互いに贈り合い、飾られ、生活の中に溶け込んでいます。
 本展覧会では、池田修三氏の木版画をはじめ、版木やスケッチなどを一堂に紹介します。


[双子の星カストールとポルックス]1998年 [酒田 山居倉庫]2001年

関連企画
記念講演
にかほ市象潟郷土資料館 館長 齋藤一樹氏
日 時◎平成27年11月15日(日) 午後2時〜
定 員◎50名(先着順)
参加費:無料(会員券または観覧券が必要です)
申込み:当日午前9時より受付にて整理券を発行します
会 場◎酒田市美術館内

学芸員によるギャラリートーク
日 時◎平成27年12月6日(日)・13日(日) 午後2時〜
参加費◎無料(会員券または観覧券が必要です)
[池田修三展]3館同時開催記念スタンプラリー
酒田市美術館、にかほ市象潟郷土資料館、庄内能楽館の3館で「池田修三展」を同時開催します。3館をスタンプラリー実施期間中にめぐり、スタンプを3つ集め、最後に来館した館でオリジナルステッカーをプレゼントします。(各館先着順で、無くなり次第終了となります。)
実施期間◎平成27年11月15日(日)〜12月23日(水・祝)
※各館の会期・休館日が異なりますのでご注意ください。
■酒田市美術館:11/15(日)〜12/23(水・祝) ※12月から月曜日休館
にかほ市象潟郷土資料館:9/1(火)〜平成28年5/22(日) ※月曜日休館
 〒018-0104 秋田県にかほ市象潟町字狐森31-1
 電話 0184-43-2005
■庄内能楽館:11/15(日)〜12/13(日) 
  ※11/26、11/27、日・月曜日休館(ただし初日と最終日は開館)
 〒998-0074 酒田市浜松町1-5
 電話 0234-33-4568
主催/公益財団法人酒田市美術館
共催/酒田市、酒田市教育委員会
企画協力/にかほ市象潟郷土資料館、公益財団法人庄内能楽館、
       有限会社 りす